新着情報

外壁塗装が必要な理由とは 大阪市の外壁塗装はリウォール

外壁塗装の重要性と知識

 

  • 外壁塗装に最適な時期や季節
  • 外壁塗装の塗料の種類や施工方法
  • 外壁塗装の基礎知識や施工にあたっての知識
  • 外壁塗装の意味合い

 

色々な方がマイホームを購入していると思いますが、購入から10年程度の時間がたつとそろそろ外壁の塗り替えの時期になってきます。

また、訪問販売や家を購入した工務店やハウスメーカーから連絡などが来たりします。

そのころから次第に意識し始め、そろそろ外壁塗装の時期になったと感じると思います。

 

 

 

外壁塗装の重要なポイント

雨風や、天気、天候や太陽の熱や紫外線で家はだんだんと傷んでいきます。現時点で雨漏りなどが発生していなくても壁面自体は劣化は進んでいます。

雨漏りやサイディングの壁面だとシール部分、モルタルの壁面はクラックなどが発生する前に、劣化が進む前にすることが重要とも言えます。

 

 

外壁などの撥水や対候性

外壁塗装部分など、雨風や天候などでだんだんと劣化は進んでいきます。塗料自体も機能が失われていき対候性や耐久性がだんだんと薄まっていきます。そのままの状態でほおっておくと雨漏りが発生したり、外壁自体にクラックや剥がれ、浮きなど出てきたりします。

外壁塗装を行う際は足場を組み下地処理高圧洗浄などを行ってから外壁塗装に入っていきます。

家を長持ちさせることや資産価値などを高めるためにも外壁塗装時の下地処理は重要です。

その後下塗り・中塗り・上塗りという風に通常ですと3回塗りを行います。いろいろな材料などがありますが外壁塗装などを行うことにより撥水性や耐久性が上がります。

 

防水性能を回復させるため

雨漏りは屋根部分や、ベランダ、陸屋根や防水部分、外壁によく発生します。雨漏りは劣化や施工不良などで発生しますが経年劣化でも十分に雨漏りはします。外壁塗装部分や防水部分・シール部分などいろんな個所がありますが経年劣化の防水機能やクラックなどは要注意です。

また、コケやカビなども湿気や水分が常に含まれるような状態になるため危険信号でもあります。

 

外観・美観

外壁や屋根など経年劣化でだんだんと艶や色などが薄れたりしていきます。雨だれなどもそうですが見た目がだんだんと悪くなります。

それは仕方がないことなので定期的なメンテナンスが大事とも言えます。

大きな買い物で気に入った外壁や色などを指定していると思いますので今のままでいいという方も多いです。(サイディングの模様や柄など)

今ではいろんな種類の塗料が豊富なのでクリヤー塗装などの既存を重視した塗装も幅広くできます。

 

 

外壁塗装を行う時期やタイミングは

 

外壁塗装などを行う時期やタイミングはやはり、劣化具合が一番重要だと思います。色がなくなってきたりクラックなどが発生してくると一つの目安にもなります。
セルフチェックでも簡単にできますので一度家を見て外壁塗装の時期なども考えておくのもいいですね。

  • 雨だれなどの汚れがひどくなっていないか?
  • 塗料の色が薄れていたり艶がなくなっていないか?
  • 外壁などが浮いていたり剥がれていないか?
  • クラックなどが発生していないか?
  • カビやコケなどが外壁や屋根などに発生していないか?
  • 壁などを触ってみて手に白い粉などがつかないか?(チョーキング)

家の外壁や屋根などに問題がないかチェックしてみましょう。

 

外壁部分や屋根部分だけではないですが定期的にメンテナンスなどを行わなければ劣化も早くなります。例えばカビやコケなどはその場所が湿気ているあかしなので乾燥や雨水などが溜まりやすいかなどをチェックしてみましょう。
塗料の種類や仕様などで対応年数などは変わりますが一般的には10年から15年以内で外壁塗装を行う方が多いです。やはり塗料にも寿命がありますので一つのサインにはなりますね。

外壁部分などを見てみてクラックや剥がれなどがおきていないかベランダや陸屋根ですとドレン(排水の場所)にゴミが詰まっていないかなどもサインです。

1年に1回でも見ておくことで最適なタイミングなど、余裕をもって考えれる時間も出てきます。

 

外壁などの劣化は重要です。

 

外壁塗装などは手も届きますし、わかりやすいポイントです。

チョーキング(壁を触って手に白などの粉が付く)や場所などにもよりますがクラックなどが初めに起きてきます。

サイディングやモルタルの壁では劣化の進行が変わりますがチョーキングとクラックは起きてきます。

サイディングですとシール部分が割れてきて隙間から雨水などが侵入します。

実際に家の中からではわからない場合も多く気づかないうちに劣化が進行していたケースもあります。

雨水などが溜まりやすい場所や水はけが悪い場所も要注意ですね。コケやカビなどが発生しやすいからです。

長い時間ほっておくと劣化がより早くなり想像以上にひどくなる場合もあります。躯体にまで劣化や雨漏りの被害などが及ぶ前に適切な処理は大事です。

 

大阪市の東住吉区をを中心に幅広く外壁塗装雨漏り防水工事などを行っています。雨漏り診断なども得意分野で各いろんな資格も所得しております。ていないな診断や見積もり、外壁塗装などをお考えであればぜひ一度リウォールまでご連絡ください。https://re-wall.net

 

 

大阪市・外壁塗装・雨漏り・リウォール・雨漏り診断・防水工事・雨漏り補修・東住吉区・住吉区

   

大阪の塗装は雨漏り・外壁塗装・屋根塗装のプロ集団 Rewallにお任せ下さい。


会社名:Rewall-リウォール-

住所:〒546-0023 大阪府大阪市東住吉区矢田1丁目9-28

TEL:0120-18-76-98

営業時間:8:00~19:00 定休日:日曜日

業務内容:新築塗装工事・一般戸建住宅塗り替え工事・外壁吹付工事・各種防水工事・足場組立・解体工事・シーリング工事・屋根塗り替え工事・外壁塗装リフォーム工事全般

pagetop