外壁塗装の影響のある乾燥時間や天候など

 

まずは外壁塗装時に使用する塗料などには水性と溶剤(油性)があります。基本的にサイディングやモルタルの壁は水性がほとんどです。その他の付帯部分(雨樋・天戸・破風板)は油性が多いです。屋根などは両方ある感じで油性のほうが強いイメージはあります。それぞれ水性ですと水で希釈し、油性ですとシンナーで希釈します。その揮発の段階で塗膜の艶やキレイさを発揮するときでもあります。(塗り方などでも変わります)この塗装した塗料が乾燥すると塗膜が形成され雨や天候に強くなります。なので乾燥の時間や乾燥の具合は重要だといえます。

しっかりと塗料を乾燥させる条件が温度や湿気です。塗料に適した温度で乾燥時間を守ればきっちりとした対応年数が発揮できます。キレイな・強い外壁の時間を長持ちさせるためにもこの工程(乾燥時間)は重要です。逆に言えばこの工程などがきっちりと出来ていなければ後々にクラックや剥がれの原因にもなりかねません。

真夏の高温の時期は乾燥はきっちりと出来ますがあまりにも温度などが高いと乾燥時間が早まりすぎて細かな気泡や急激な感想による伸縮でクラックがおきやすいのも事実です。最近の塗料は大分性能も良くなってきておりあまり心配することでもないですし、真夏でも足場にはメッシュシートがかかっているので意外とそこまでの高温にはなりません。ですが、一つの目安として、知識としては覚えていても損はないと思います。

逆に真冬などの定温に時期はというと乾燥が極端に長くなります。前日に塗装した部分が翌日に乾燥していないなんてことも地域や温度や湿気などによってはあります。しっかりと乾燥して次の工程に進まなければ塗料の劣化が早くなる可能性もあります。

答えは乾燥をしっかりとさせて水分やシンナーなどの油分を抜くことでキレくて強い塗膜が出来上がるということです。もちろん夏がダメで冬もダメで梅雨もダメなんてことはないですが細心の注意を払いながら作業を行う必要があります。もちろん職人ですから作業を考えながら最適な作業を行うことで問題のない外壁塗装防水工事などを行っています。

 

外壁塗装に良い温度など

一般的に外壁塗装を行うときの最適な温度は15度から30度とされています。春や秋の気温が20度前後の晴れた日は外壁塗装にとって最適な日といえます。ですから、塗装のシーズンは春や秋は多いですね。その他年末も多いですが、これは新しい年を気持ちよく迎えるイメージで多いと思います。
梅雨の時期などは温度的にはよいのですが梅雨の時期なので湿気や雨が多く工期が延びる可能性があります。外壁塗装防水工事などの天敵の時期でもありますね。年末日数いてくる12月などは地域によっても違いますが10度以下の日が増えてきます。また、日照時間も少ないので乾燥させる時間自体が短くなるのも事実です。梅雨の時期や寒い時期などは職人の腕の見せ所でもあるといえます。一年を通して外壁塗装防水工事など、してはいけない事はありませんが温度としてはという条件ですのでここはお間違えの無いようにお考え下さい。

 

外壁塗装で避けるべき温度

外壁塗装や防水工事にとって最適な温度は上記でも説明はしましたが説明をしなくても大体のイメージではわかると思います。では逆にあまりお勧めしない温度は??ということで書き込んでいきます。5度以下や35度以上です。温度が低すぎると乾燥がかなり遅くなります。遅いこと自体は構わないのですが作業自体の進みが悪くなります。また温度が高すぎると早く乾燥しすぎて村になったり気泡などができやすくなったりします。技術がかなりいるようになってくるので経験豊富な職人がいいですね。

外壁塗装防水工事を行う時間帯にも影響されます。例えば夕方に塗装などを行うと夜に温度が下がりすぎたりすると翌日にも乾燥がきっちりと出来ていない場合もおあります。山間などでは温度だけではなく湿度も上がったりするので要注意です。0度を下回るような場所などは塗装は出来ないといっても過言ではありません。外壁などの表面温度なども考えて乾燥ができる温度の範囲内で塗装をすることが重要です。

極度な低温や高温は外壁塗装防水工事などにとっては技術もいりますし、作業時間なども考えながら仕事をしています。ここで経験不足や技術がなければ塗料が剥がれてきたり、キレイに仕上がらなかったりと、後々のクレームにつながってきます。

 

外壁塗装や防水工事などの時期や温度のまとめ

外壁塗装防水工事などキレイにきちんと長持ちするような性能を発揮する時期や温度などは、まず規定量の塗料をしっかりと塗ること。そしてキチンと乾燥を行ってから次の工程へすすもことが重要です。ですがだんだんと塗料や道具などの進化で施工範囲に時間なども堀くなっているのも事実です。本当にありがたいですね。あくまでも良い温度ということですので出来ないという事ではありません。適した温度でなくても施工は出来ます。ただ、技術力や経験ははっきり言って大事です。これだけではありませんがわかりやすく温度として書いてみました。参考になれば幸いです。