新着情報

家を守るための外壁塗装

家を守るための外壁塗装

家など建物だけではありませんがキレイだと思っていてもいつの間にか外壁や屋根など劣化が進んでいきいつの間にか色あせなどで古いような感じになっていきます。特に外壁塗装の部分は経年劣化とともに色が薄くなっていきチョーキングや雨だれなどで汚れも発生しますし、コケやカビなどもだんだんと発生していきます。普段、家などをじっと見ている方はほとんどおられないと思いますし、そこまで気にかけている方も少ないと思います。訪問販売や営業、家を建てたハウスメーカーなどにそろそろ塗り替えの時期ですよ。近所の方が外壁塗装などを行った。などで意識する方が多いのではないでしょうか??ですが高い買い物ですし今すぐには・・・。まだいける・・・。雨漏りしていないし・・・。などなかなか手が出せないのもわかります。
そこで外壁塗装の必要性やかかる費用、外壁塗装時のポイントなどをまとめましたので外壁塗装などの際に参考にしてください。

外壁塗装のポイント

  ・外壁塗装は家を守る(現状の維持の役割もありますが建物自体の耐久性のアップにもつながります)
・外壁の塗料の費用はグレードや仕様によって変わる。(耐久年数が10年や15年など塗料に行って値段が変わる)
・外壁塗装などを行う前に知識としてグレードや仕様なども考えておく。(下地処理なども重要ですので含めたうえで耐久年数なども考える)

・外壁塗装の必要性

・家を守る

・耐久性などのアップ

・付加価値や資産価値のアップ

・美観で心も晴れやかに

・外壁塗装などのかかる費用

・外壁塗装などにかかる費用

・外壁塗装以外にかかる費用

・外壁塗装時の注意点など

・塗装だけではなく外壁材などの検討

・業者選び

外壁塗装の必要性

外壁塗装や防水工事もそうですがそもそもの理由や必要性などいろんな観点から書き込んでいきます。

 

家を守る

ほとんどの方が家やマンションでもそうですが部屋の中で暮らしています。その暮らしを守るために外からの雨風や紫外線、天候などから守る役割があります。逆に言えば家などは外からそういう敵から私たちを守る役割があるとも言えます。そういう刺激や天候などから常に守ってくれているので、だんだんと劣化や痛みが発生します。その守ってくれている状況や状態を維持、または快適にするために、これ以上の劣化などを進行させないために外壁塗装などを行います。
塗料なども発達してきていますし、種類も多くなりお客様が選べる時代にもなってきています。ですから知識として調べたり、勉強するのも重要です。ただ単に外壁塗装などをするだけではなく知識もあることで騙されなくなりますし値段の意味なども分かってくると思います。

 

耐久性などのアップ

家に住んでいる限りは家を守ることも重要です。安かろう悪かろうではダメですし、高くて良いのも当たり前です。塗料や仕様も豊富な時代ですので耐久性なども考えながら値段と相談をして塗料などを選んでください。もちろん良い塗料や耐久性の高い塗料などは値段が高いですし、安い塗料などは耐久性も下がります。家によっては合う、合わないなどもありますがそれは経験豊富な業者に依頼されるとよいと思います。家なども守っていくためには定期的な外壁塗装防水工事などが必要です。現状維持や耐久性アップだけではなく劣化による雨漏りや躯体などに悪影響を及ぼさないためにもひどくなる前に外壁塗装などを行う必要性があります。
家なども人間の体と同じでメンテナンスなども必要です。体が悪くなったり風邪をひいたら病院に行きますよね??家は悲鳴を上げてくれないのでご自身で管理する必要性が大事です。

 

付加価値や資産価値のアップ

外壁などにタイルやレンガなどを貼ることで高級感が出たり、付加価値がついて資産アップにもつながります。オシャレになったり、かっこよくなったりで気持ちも良くなります。あまり、売ることなどを前提で外壁塗装などを行う方は少ないと思いますが見た目なども重要ですので付加価値はついてきます。家の中もそうですがキレイに保っていたりメンテナンスをしていれば査定にも響きます。売ることは前提ではありませんが見る人が見れば、良い家かどうかは分かると思います。少しでも部分的でもこういうタイルなどを貼るだけでもイメージが変わり雰囲気も変わり気持ちも良いですね。

 

美観で心も晴れやかに

外壁塗装を粉う理由も多々ありますが美観を保つことも重要ですし、何よりも気持ちが良くなります。特に外壁塗装などを行ったときはキレイですし色を変えたりするのも良いですね。
今では2色の色替えなども普通にありますし、色替えのデザインなどによってはかなりオシャレにもなります。リウォールではウォールバリア(多彩色仕上げ専用)の認定施工店でもあります。値段は少し張りますがオシャレでかっこよい仕上がりが期待できます。思い切って色をガラッと変えるてみるのも面白いですね。色は前のままの方などもいてますがそれでも塗りたてはキレイです。
外壁塗装などのかかる費用

実際に外壁塗装を行うとどのぐらいの金額がかかってくるか考えてみましょう。塗料や仕様によって値段の差がかなり出てきます。グレードが高くて値段も高い塗料や仕様であれば次回の外壁塗装までの期間が延びます。逆にグレードの低いものであれば次回の外壁塗装の時期は早くなります。こういう事も考えながら値段設定も大事です。

 

アクリル系塗料

アクリル系塗料は一番安価な塗料です。はっきり言ってほぼほぼ使うことはないですが内部など、対候性に関係のない場所などで使ったりはします。 ㎡単価は1000円~ 耐久年数5年~

 

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料も最近ではほぼほぼ使わなくなりましたね。シリコンが支流になり値段の差が縮まり耐久年数の差を考えるとシリコンになかなか勝てないのが事実です。外壁塗装のウレタンとは違い防水工事などではウレタンであっても全然違いますのでお間違えの無いように。 ㎡単価は1300円~耐久年数8年~

 

シリコン系塗料

今でもシリコンで外壁塗装を行う方も多いですね。15年ほどシリコンが支流で費用対効果は抜群とも言えます。 ㎡単価は1500円~耐久年数10年~

 

ラジカル系塗料

最近の支流になりつつあるラジカル系ですが、そもそもラジカルとは酸素・水分・紫外線などで起こる劣化する起因を抑制させる成分のことです。ラジカルにも多々種類がありますが劣化しにくい、汚れにくいのが特徴です。 ㎡単価は1800円~耐久年数12年~

 

フッ素系塗料

値段はかなり高額になってきますが耐久性は抜群です。特に対候性に優れており次回の外壁塗装までの期間なども長くできます。 ㎡単価は4000円~耐久年数15年~

 

㎡単価や耐久年数は劣化状況や仕様、立地条件、築年数などによって変わりますのでご注意ください。

外壁塗装以外にかかる費用

外壁塗装などを行う際にいろいろな作業や色々と塗装を行う部材などがあります。

・防水工事(外壁と同じように劣化してますので同時にされる方が多いです)

・仮設足場工事(外壁塗装まえに足場から作業に入ります)

・シーリング工事(サイディングやALCの壁面などは増し打ちや撤去。打ち替えなどを行います)

・雨樋や軒天井などの付帯部(それだけではないですが付帯部はほとんどの方が塗ると思います)

・屋根の塗装(外壁塗装とセットが多いです。ひどい場合は屋根カバー工法などを行うときもあります)

・高圧洗浄(外壁塗装まえに高圧洗浄で汚れなどを落とします。最近ではバイオ洗浄などもあります)

簡単に書いていますが外壁塗装を行う際に意外とその他の塗装や違う工事も必要になってきます。もちろんほとんどの外壁塗装業者は見積もりに明細として入れているかと思いますがこういう細かいことを明細に入れていない業者は危険ですのでやめたほうが良いですね。見積書などは証拠にもなりますので出来るだけ細かく記載してもらいましょう。

 

外壁塗装時の注意点など

外壁塗装防水工事など家を守るうえやご自身が住んでいくうえでは大事だということは何となくでもわかっていただけたでしょうか。では、外壁塗装時に実際に注意する点や知識として持っていたほうが良いと思うことなどを書き込んでいきたいと思います。

 

塗装だけではなく外壁材などの検討

築年数などが古くなってくるといろんな個所に劣化が出てきます。もちろん定期的に外壁塗装などを行っていると劣化の進行も少なくて済みますが外壁材(サイディングや基礎のモルタルなど)本来の下地自体がかなりの劣化しているケースもあります。そういう場合はサイディングを貼ったり、屋根ですとカバー工法などで新しくすることもできます。もちろん値段は高いですが新しい外壁や屋根になるので耐久年数はモチロン上がります。念のため調べておくのも参考になるかと思います。見積もりの段階で業者によっても違うかと思いますが劣化状況などを聞いて新しくするほうが良いかどうかなども聞くのも一つの考えとしてはあったほうが良いです。
壁面ですとサイディングでのカバー工法もできますし、屋根などもカバー工法ができます(瓦などの場合は土や瓦を取り覗いてからになります)

 

業者選び

外壁塗装を行う際に焦って業者を選ぶのではなく、事前に長い時間をかけて選ぶことをお勧めします。外壁塗装などを行うと考え始めるといろいろと調べたりするかと思います。だんだんと知識なども深まってきますのでそれからでも遅くはないと思います。(雨漏りなどを起こしている場合などは急いだほうが良いと思います)見積もりは基本的にはどの業者も無料だと思いますので何社か選んでから一番良いと思う業者を選べばよいと思います。

・見積もりなどの詳細(見積もりなど細かく書かれていない場合は要注意。見積もりは証拠にもなりますので逃げ道を作っているのと一緒ですので注意)

・人柄(実際に施工をするのは職人で営業などではありませんので注意)

・値段(安かろう・悪かろう。高くて良いは当たり前なので注意・高くてもろくな業者でない場合もよく聞きます。)

・紹介(実際に施工をした現場を見てみてからですとOK。ただ単に紹介だけですと後々に揉め事や何も言えない状況になる可能性があるので注意)

・訪販・ハウスメーカー(値段が高すぎます・実際に施工しているのは下の下の下など値段が安いので手抜きの可能性が注意)

・調査や診断(知識がないと細かな診断や提案ができません。口だけの営業などもよくいてるので注意。資格などを持っていれば見せてもらいましょう)

 

簡単に書き出してみましたが全てがあっているという事ではなくこういう注意点があるという参考にしてください。

ご自身の家はご自身で守る・長持ちさせる

その一環として外壁塗装防水工事屋根塗装などいろいろと工事はありますが定期的なチェックや見積もりなどで現状を把握することが大事です。

リウォールでは大阪市を中心に外壁塗装防水工事雨漏りなどを得意分野とした自社施工店です。外壁診断士・外装劣化診断市・赤外線建物診断師・1級塗装技能士・雨漏り診断士など特殊な資格を多数保有しております。細かな診断や見積もりは当たり前ですがキレイに長持ちさせる提案と施工を心がけております。外壁塗装や雨漏り、防水工事の際は一度お声がけください。

https://re-wall.net

   

大阪の塗装は雨漏り・外壁塗装・屋根塗装のプロ集団 Rewallにお任せ下さい。


会社名:株式会社リウォール

住所:〒546-0023 大阪府大阪市東住吉区矢田1丁目9-28

TEL:0120-18-76-98


営業時間:8:00~19:00 定休日:日曜日


赤外線建物診断師・外装劣化診断士・外壁診断士・一級塗装技能士・雨漏り診断士など特殊な資格を持った職人が細かな見積もりから診断・施工を行います。

最高の仕事をお手頃価格にて提供します。


   

業務内容:外壁塗装工事・住宅塗り替え工事・新築塗装工事・外壁吹き付け工事・防水工事・仮設足場工事・シーリング工事・屋根塗装工事・外壁リフォーム工事・屋根葺き替え工事・サイディング工事・長尺シート工事・洗い工事など

pagetop