新着情報

外壁塗装のプロって??本当のプロとは

外壁塗装のプロって??本当のプロとは。

いろんな業種の会社や外壁塗装業者もそうですがプロとうたってしまえばプロということになってしまいます。

ネットが支流の今、情報を鵜呑みにするのは危険なところもあります。

もちろん外壁塗装や防水工事の仕事を受注するためのホームページなどですのでいいことしか載せていません。

その中でも見極め方や実際の業者の見極め方などを記載していきます。

 

そもそも外壁塗装のプロって??

 

何の業種でもその道のプロがいておりそのプロに仕事を依頼したりします。もちろんプロでも腕の差などは激しくキチンと丁寧にしてもらうために、、、

適正な金額でキレイに外壁塗装などを行ってもらうためにある程度の知識や情報を身につけてください。

 

本当に外壁や外壁塗装についての知識があるかどうか

いわゆる訪問販売やハウスメーカーなどほぼほぼ知識がない営業マンなどがたくさんいてます。うわべの知識だけ勉強して仕事をとるのですから危険ですね。
本当の意味で理解は皆無でただ単にお金としか見ていません。
口車に乗って依頼をしないようにしましょう。
まず、私は一級塗装技能士外壁診断士雨漏り診断士外装劣化診断士建物赤外線診断師建築物石綿浮遊建材調査者などの特殊な資格を保有しております。
これがプロという事でもありませんが塗装業界で25年以上やってきてさらに資格も多数あるという事ではなかなか右に出る者はいないと自負しております。
経験がものをいう
資格だけを取っても経験がなければ細かいところやキチンとした見積もりや工事などは行えません。
当たり前ですが実績はかなり大事です。仕事中の細かいところなどいろいろと選択肢や下地処理などが実は結構あります。
どこまで補修をすればよいのか??
どういう補修をすればよいのか??
ラインはどこで出すか??
クラックはどう処理をするのか??
先にどっちを塗るのか??
まあいろいろと選択肢はあります。
こういう場合の選択肢の時に実績や経験がかなり物を言います。逆に経験がなければ失敗する可能性が高いということです。

外壁塗装のプロは塗装の時期を見極める

外壁塗装防水工事などお問い合わせや見てほしいなど、雨漏りが起こっていな状況などでの時期は正直難しいです。

やるとなったらやる時期でもありますし、一年後と言ったら一年後になります。

ですが、経年劣化クラック、浮きなど外壁塗装などをする上でのサインは出ていたりします。

そういう事も含めて外壁塗装防水工事などの時期が適切に来ているかを提案ができるかどうかが大事です。

一般的に10年を過ぎたあたりから塗り替えを考えている方が多いと思いますが、年々材料も進化しており長持ちするようにもなってきています。

もちろん、メンテナンスなどをしていることが前提ですがほったらかしでは長持ちする材料などを使っても長持ちしない場合もあります。

(実際の話です。マンションの外壁塗装防水工事を行った現場がありました。7年ほどたって雨漏りがするとのことで見に行きましたが屋上のドレン部分にゴミが溜まっておりあふれかえって雨漏りがおきていました。7年間ずっと何もしていなかったみたいですし見にも行っていなかったみたいです。逆に雨がずっと溜まっている状態でよく屋上からの雨漏りがおきなかったなと思いました。きちんとした仕事をしていてよかったなあとも思いましたね。それで保証はどうですか??っということがありました。もちろん保証外ですと言いましたし、大事にしなければ劣化が早くなりますし、余計なお金がかかってきますよとも言いました。こういう人ははっきり言ってダメですね。お金だけで見ているので実際のことはどうでもいいんでしょうね。)

見積もりなどをする際に外壁診断や劣化具合などを見ます。小さなクラックから大きなクラックや浮きなどを見て外壁塗装の時期などを判断します。

どうしても仕事をとりたい人や会社、悪徳業者や訪問販売などは特にですが、

小さなクラックでも雨漏りが発生しますよ

今すぐにしないと大変なことになりますよ

などといって不安をあおり契約させることがあります。

実際に雨漏りなどが発生しており早急にしなければならない時もありますが小さなクラック程度では100%ではありませんが大体はすぐにという事でもありません。

 

本当の外壁塗装のプロはキチンと時期を見極めて提案などを行います。

 

外壁塗装のプロはキチンと測量・数量を出す

外壁塗装などを行う前に見積もりに来てもらい数量などを図ってもらいます。そして見積もりが出来上がります。ほとんどの業者が無料ですので3社ぐらいは合い見積もりをしてもらいましょう。

そこで見積もりの提案や数量などが記されているかと思いますが重要な点などがあります。

 

一式で出ていないか

細かく部材ごとに分かれているか

数量は大方あっているか

材料などはキチンと記されているか

 

など重要なポイントがあります。契約書などに細かく書くことは少ないと思います。ですから逆に言えば見積もりが証拠や細かいところまでの仕様などの決め事になります。

見積もり以外にはほかの書面はないと思いますので、変更点などがあれば新しく記載された見積もりを出してもらうようにしましょう。

数量が値段に直結しますので外壁塗装においてはかなり重要になります。

例えば図面だけを見て値段が出ることもないですし、(図面に載っていない部材などがあります)

キチンと図ることによってより正確な、細かい金額が出ると思います。

 

本当の外壁塗装のプロは細かい診断や数量などをきちんと出します。

 

外壁塗装のプロは外壁以外の部材も見る

外壁塗装といっても外壁以外にもたくさんの部材があります。

屋根・水切り・軒天井・破風板・雨樋・雨戸・配管・シール部分・床・電気などなど数えだしたらきりがないですが他の部材は多いです。

基本的には外壁塗装と一緒に施工をするのがほとんどですがたまに屋根の塗装を嫌がる業者もいてます。

それはクレームが多いからです。訪問販売などかなり安い金額で施工をさせています。一番紫外線や雨風・温度などを受ける屋根はクレームが出やすいです。

ですから屋根を塗装しない業者は自信がない業者といっても過言ではないですし、やらない業者は信用しないほうが良いと思います。

 

外壁塗装のプロは塗装できる部座右などはキチンと提案ができる

 

外壁塗装のプロは調査や診断に時間をかける

見積もりに家に来てもらい実際に数量や寸法、劣化具合などを診断します。

慣れれば早くできますが数分で終わる作業でもありません。30分ぐらいあれば建物にもよりますが終わるときもありますがあまりにも早い場合は寸法しか図っていません。

これは数量だけでしか見ていないので劣化具合やわるいところを見ていないという事でもあります。

それぞれ家の劣化具合は違いますのでクラックなどの補修の仕方も変わってきます。逆に言えば同じ建物でも劣化具合で値段は変わるということです。

これをきちんと診断できなければ外壁塗装のプロとは言えません。

 

外壁塗装のプロとは調査や診断をきちんと行う業者ということです。

 

外壁塗装のプロはきちんと説明をする

外壁塗装をするにあたり見積もりや調査・診断を行います。

この診断時やのちの見積もりの提出時に診断書などを提案してくれる業者は良いですね。

この部分がこうなのでこうします。といったことを説明してくれたり診断書などできちんと説明をされていたらきちんとした業者とも言えます。

やはり最低の知識はありますし、こうしますという証拠を残すことにもなりますのでキチンとしているとも言えます。

例えば口だけでここは雨漏りがおきますよ。と言われてもどこで区か??となりますし、どうするの??ってもなります。

不安だけをあおるような業者はよくないですし、根拠があって経験があっての施行の方法などを記している業者は良いと思います。

また、言葉もそうですがお客様に分かりやすいように説明などをしてくれる業者いいと思います。

専門用語ではなくお客様にきちんと伝わるように説明ができるかもポイントです。

外壁塗装のプロはキチンと書面に出す

外壁塗装のプロとして書面に出すことはかなり重要です。

何故なら書面以外は証拠として残らないからです。逆に言えば書面に残さない業者はダメです。

契約書などには細かい記載はないのがほとんどだと思いますので見積書が実際の仕様や材料などの細かい証拠になります。

これを嫌がる業者は手に気を前提としていたり逃げ道が欲しい業者です。

リウォールでは細かい診断から細かい仕様まで事細かく書いております。(当たり前ですが)

 

書面以外は信用してはいけません

 

外壁塗装のプロが出す見積書と診断

外壁塗装のプロが出す外壁診断書や見積書は詳細な現状が把握できます。

キチンとした根拠や経験に基づいての診断などが出来なければ騙されたり悪徳業者などに引っかかってしまいます。

そういう事がないようにきちんとした業者選びは大事です。

 

営業などの会社ではなく本当の業者選びを身につけましょう

 

最後に。。。

リウォールでは大阪府・大阪市東住吉区を中心に一級塗装技能士雨漏り診断士外壁診断士赤外線建物診断師外装劣化診断士などなどの特殊や資格を多数持っています。外壁塗装や防水工事の経験も25年以上も過ぎていますし、ベテランの職人も多数在籍しています。

 

本当の良い外壁塗装をお求めであれば一度ご連絡をください。

   

大阪の塗装は雨漏り・外壁塗装・屋根塗装のプロ集団 Rewallにお任せ下さい。


会社名:Rewall-リウォール-

住所:〒546-0023 大阪府大阪市東住吉区矢田1丁目9-28

TEL:0120-18-76-98

営業時間:8:00~19:00 定休日:日曜日

業務内容:新築塗装工事・一般戸建住宅塗り替え工事・外壁吹付工事・各種防水工事・足場組立・解体工事・シーリング工事・屋根塗り替え工事・外壁塗装リフォーム工事全般

pagetop